ポッポ焼き屋

同人サークル「ポッポ焼き屋」です

がっこうぐらしが爆死した3つの理由

      2015/10/17

6f8cdd64e4f86d4fb76a4667a9e8435b

がっこうぐらしのBlu-rayが売れていないそうです

Amazonのランキングを見ると、

10月12日現在で

がっこうぐらし1巻Blu-ray 379位

オーバーロード1巻Blu-ray 24位

監獄学園1巻Blu-ray 62位

シャーロット1巻Blu-ray 520位

 

ニコニコ動画でかなり話題になり、覇権アニメとも言われたがっこうぐらしですが、

円盤の売上が悪いです。

今回は円盤の売上の悪い原因を考察して行きます。

 

がっこうぐらしが爆死した3つの理由

その1 ターゲット層が悪かった
その2 円盤の特典が悪かった
その3 原作ものだったから

 

それではその1から順に説明して行きます。

 

その1 ターゲット層が悪かった

target_target

ニコニコ動画の1話無料配信をきっかけに、その意外性あふれる展開から

一躍話題のアニメになったがっこうぐらしですが、

参考:がっこうぐらしをオススメするこれだけの理由

ニコニコ動画の視聴年齢層は10〜20代が70%を占めており、

残念ながら、この層は学生などが占めているため、購入金額も少なく、

7000円近くする円盤を購入するのは難しいと思われます。

参考:ニコニコ動画を利用している年齢層が判明!ユーザーの平均年齢は28.4歳 、コメントは何と15.4歳!男女比は7:3に!

 

高額な円盤を購入するのは資金が潤沢な20代〜40代からメインになるので、

ニコニコ動画の視聴者とはあまり噛み合ないのでしょう。

参考:アニメ円盤の購入者の中心は20代~40代が中心、平均すると30代前半くらいなのにどうして深夜アニメは大人向けの内容にならないのか?

 

いくらニコニコ動画で話題になっても、学生なので、円盤の購入までいたらない。

結果、円盤の売上が芳しくなかったと思われます。

(ニコ動で話題になったが、売れなかったケースとして、琴浦さんとかありましたね)

以上のことから、ニコニコ動画の視聴層に話題になっても、購入してもらうターゲット層への訴求効果が少なかったため、売上が悪かったと思われます。

 

 

その2 円盤の特典が悪かった

mainvisual_02

現在、円盤に付随する特典によって売上を左右するといっても過言ではありません。

記憶が新しいものでは、「結城友奈は勇者である」の1巻が特典にゲームを付けたことで、

バカ売れしたことがありました。

 

よくある特典として、イベントの先行予約券などがありますが、

がっこうぐらし1巻には強力は特典はついておりません。

しかも、1巻には1・2話しか収録されていないため、お得感がないかなと思われます。

(オーバーロードは3話収録でした)

欲しいと思う強力な特典の不足。

それが、敗因の1つかと思われます。

 

その3 原作ものだったから

b4d296a2

がっこうぐらしの原作は漫画です。

アニメが放送され、原作漫画が120万部突破したそうです。

だが、円盤の売上は悪い。

おそらく、円盤との相性が悪い作品なのでしょう。

がっこうぐらしはストーリー、特にどんでん返しが最大の特徴です。

なので、原作漫画を見てしまうと、その驚きは終わってしまうのです。

キャラもの、萌えものとしての魅力はあまり強くないため、

円盤を買って、何度も見返したいという欲求が産まれにくく、

結果、円盤の購入に繋がらなかったと思われます。

 

まとめ

以上、「がっこうぐらしが爆死した3つの理由」でしたが、いかがだったでしょうか?

もちろん、これだけが原因ではないかと思いますが、

まとめてみると、ネット配信がなかなか円盤の購入へ貢献していないように思えます。

20代〜40代の購買層に訴求する効果的な方法・販売形態

これが大きな課題ではないかと思います。

機会があれば、アニメメディアの新たな販売形態について、記事を書きたいと思います。

 

感謝

 - オタクとビジネス