スポンサーリンク

お惣菜は愛情がない・・・・

こういう言葉を言われて、悩む人は多いかと思います。

「料理は愛情」に死神さんがバッサリ両断します!

これまでの命を救った死神:命を救った死神シリーズ

既製品やお惣菜を出すのは愛情がない行為なのか

真の愛情とは食べる人のことを考えること

出来合いのもの、お惣菜は愛情がない。
手作りのものこそが愛情がある。
そういう人もいます。
しかし、それが真実でしょうか?
手作り、無添加の食事でも、食べる喜びを感じさせないものが本当の愛情でしょうか?
食事を用意することは、相手を思いやること。
たとえ、出来合いでもレトルトでも相手のことを考え、喜んでもらえれば、立派な料理です!

「相手を思いやることに時間を使うべき」大事ですね。

「命を救った死神」シリーズはこちらからまとめて読めます→ 命を救った死神シリーズ

このたび命を救った死神が電子書籍になりました!まとめて読みたい人はぜひ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事