ポッポ焼き屋

同人サークル「ポッポ焼き屋」です

同人誌が売れるようになる10か条

      2015/10/13

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

流行より、好きな作品を描く

・好きでもないのに流行のものを描くとモチベーションが落ちる。

・好きなら、その作品のことを知り尽くしている→ 他のファンの共感できるものが描ける

 

下手なウケ狙いより、自分が面白いと思ったものを描く

・ウケ狙いなものは大抵受けない。

・自分が本当に面白いと思ったものは、他人も面白いと感じる。

 

手抜きをせず、丁寧に描く

・手抜きはバレる。

・漫画を描くこと自体は一生懸命やらないと、技術は上がらない。

 

漫画を描くことと、売上を上げることは別のことと考える

・売上を上げることは漫画を仕上げてから。

・実は売上を上げる方法は、漫画描いた後のほうが沢山ある。

 

利益より費用を少なくすることを考える

・儲けようと思って、沢山印刷しても、たいてい失敗する。

・小さく初めて、大きく育てる。

・はじめは、ダメージが少ないよう、コストを抑えるのが賢いやり方。

 

効果があると考えたら、投資は惜しまない

・費用は抑えても、必要だと思ったことは、積極的にお金を使う。

・投資は費用ではない。成長するための、起爆剤だ。

 

自分が売り子をする

・売り子が違うだけで、売上が大きく変わる。

・実際に販売してみることで、改善点が見えてくる。

 

サークルブースのレイアウトも考える

・レイアウト一つでも売上が変わる。

・書店のレイアウトなど日頃から勉強してみよう。

 

見知らぬ誰かより、一度購入してくれた人を考えて描く

・リピーターはとても大事。

・購入してくれた人に感謝を。そして、その人のためにもっと優れた作品を作ろう。

 

継続し続ける

・続けることはとても重要。

・人々に認知されるには長く続けるのが一番効果的。

 

 

 

 - コミックマーケット