スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

サラリーマン四天王の6話です!
今回の話はリーンスタートアップに関わるお話ですね。
本編でシルファードさんの失敗はコストと時間をかけて試作品を作成してしまったことです。幅広い人間が使用する兵器というツールの開発において、必要になるのは使用者が使いやすいかどうか。そのためには使用者に使い心地や不具合に対し、早急に対応し、方向転換をすることです。

リーンスタートアップは、早い段階に試作品を作り、使用者に使ってもらい、修正するというPDCAを回し、完成度を高める手法です。
ウチムラさんも魔法の杖の開発にリーンスタートアップの手法を導入し、素早く完成度の高い製品を作ろうと画策しています。

サラリーマン四天王のシリーズは↓から読むことができます!
サラリーマン四天王シリーズ

スポンサーリンク
おすすめの記事