スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

サラリーマン四天王4話です。

さすが、サラリーマンであるウチムラ、きちんと上司にお伺いを立てています。
今回の話ですが、魔王様のスタンスとして、「方向性を示し、責任を伴う行為には許可を出すが、基本的には相手の能力を見て、自発的に動いてもらう」というマネジメントをしています。
ウチムラのような優秀な人間には裁量権をあて、自発的に行動させますが、能力が低く、自主性が乏しい人間に対して、同じ管理をした場合、相手が潰れてしまいます。なので、そういう人間にはレベルにあった仕事しかさせません。

一辺倒な管理は確かに楽ですが、レベルに応じた、フレキシブルな管理をすることが組織を将来的に成長させるものです。

そして、今回、魔王様はウチムラに覚悟を説いています。
異世界転生という、いつか現代に戻る可能性がある人間は信用されません。
無責任に場を混乱させ、その責任はとらず、自分だけ逃げてしまう可能性があるからです。しかもウチムラが取り組もうとすることは根幹に関わる、時間のかかる改革です。

ただ裏を返せば、魔王様はウチムラに絶大な期待をかけているわけで、それに対して、ウチムラも自らの覚悟を見せます。
退路はたった。
ここから物語は動き出します。

サラリーマン四天王のシリーズは↓から読むことができます!
サラリーマン四天王シリーズ

スポンサーリンク
おすすめの記事